コロナ感染

先週の水曜日(7月13日)ぐらいから風邪を引いたような症状になり、近くのドラッグストアーで”風邪薬”などを買ったりして回復を待っていたのですが、なかなか症状は改善しません。週末は待望のゴルフの日。しかもこの日はいつも車でお世話になっていた友人S氏を、今度は私が乗せて行く立場であったので、なんとしてでも参加するつもりでいたのですが、「でもひょっとしてコロナだったらどうしよう。車のなかで1時間近くも密になるわけで、仮にコロナでなく風邪であったとしても移してしまう可能性は大いにあるし、もしコロナだったら取り返しがつかないかも」S氏は間もなく本帰国の予定です。

というわけで金曜日の夕方になって、断腸の思いでドタキャンさせてもらいました。 結果久しぶりにのんびりとした週末になったわけですが、でも症状はさらに悪化傾向にあったので、これはひょっとしてコロナか?                   サイトで”コロナの症状” を検索すると、私の症状とほぼ一致します。 ただ熱が36度8分あたりで、熱があるというほどでもありません。よってそれほどだるいわけでもないですが、喉がやたら痛くて、時々襲う咳が喉や頭に響きます。水を飲むことさえ困難な状況になってきて、ましてや食事などやっとの思いです。もちろん食欲もほとんど無いのですが、食べなければ病気に打ち勝てない、と一口一口喉の痛みを堪えながらながら飲み込んでおりました。365日欠かしたことのないお酒(ビール)もさすがに飲む気がしなくて(サイトにも飲まない方が良いと書いてありましたし)今日まで丸4日もお酒なして過ごしています。酒が無くともなんとかなるもんなんですね。                                日曜日になると喉の痛みも多少和わらぎ、「峠は越えたかな」と少しは気持ちが楽になりました。もうこれからは回復のみであるだろうけど、今回の症状がコロナであったのかを確認しておきたいと思い、翌月曜日になって会社のスタッフに近くの薬局で検査のアレンジをお願いしました。抗原検査ということだと思いますが、PCR検査とほぼ同じようなことやって、およそ10分後に結果が判明。                  薬局の検査師のTeo氏から英語で「ポジティブです」                                  「6月30日に4回目のワクチン接種をしたばかりなんですけどね」        「だからそんな程度でいられるんですよ。だれか陽性者と接触した覚えはありますか?」                                   「いや、わかんないです」                           「先週の水曜日から不調ということですので、そうですね今週の金曜日もう一回テストしてそれがネガティブであれば完治ということになります。」           金曜日で良かった。なんとしてもこの週末にはおんもで出たいっす。まだネガティブって決まったわけではないですが。                              「では喉の痛みを和らげる薬を出しておきますので、下の階で購入してください」  4回目の接種をしたから軽症? でも土曜日なんか結構苦しかったけど。呼吸困難に陥るかと思った。もっとも歳も歳だしな、仕方ないか。                   下の階で喉の痛みを抑える薬などを購入して、総計190,49レアル(2,500円ぐらい)。そのうち検査料は120レアルですから、搭乗用の証明書なしだと半額以下ということになります。                               いやはや、これまでたった4日間とは言え、籠の鳥の生活はつらいわ。幸い結構食料買い込んであったので、さほど困ることはなかったけど、体調不良で4日間も部屋に籠るってのは気が滅入ります。今日薬局に検査に行っただけでも随分気分転換になったような気がします。

*検査でお世話になった薬局。アパートから歩いて5分ほどのところにあり、1階が薬局で、2階に検査コーナーがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です