腎臓結石で地獄の苦しみ-その2

尿検査の結果からは、微粒子状の結石も存在していたようですが、それはほとんど誰にもあるようなもの。最終的にはX線CT(トモグラフィー)での確認が必要ということで、トモグラフィー検査室へ。 X線CTはSIMENS製のもので、撮影者が部屋から出てからは、なんと日本語での案内が流れてきました。それはロボットがしゃべるような発音で             「息を吸って、止めてください」                       「はい、楽にしてください」といった、バリウムを飲んでレントゲン写真を撮る時と同じです。きっとトモグラフィーの中に既に各国の言語で案内されるようにプログラムされているのでしょう。                                 撮影事態は15分ほどで終わり、1時間後に写真を見ながら別の医師からの説明がありました。                                   「尿管の出口近くに4㎜の結石が認められます。でももう膀胱に入る直前なので、尿とともに自然と流れるでしょう。もう痛くもないでしょうし、何もする必要はありません」                                    「そうですか。それは良かった。入院して手術で取り除くなんて事になったらどうしようかと思ってました」                                  「6㎜以上なら手術が必要になりますが、4㎜だったら自然に流れてくれるでしょう」  「では痛み止めの薬と尿道から結石が出やすくする薬(筋肉弛緩剤)を出しますので、飲んでください。水分を多く取った方がいいです」                私の大好きなビールも水分には違いないのですが、プリン体を含むので飲まない方が良いそうです。でも飲むけどね。のど元過ぎたし。                 仮に10年に一度罹るかかからないだろう腎臓結石を恐れて、ビールを辞めるぐらいなら、10年に一回数時間の痛みを我慢する方を選びます。というか、もう経験したので同じ症状が来たなら、それに備えて鎮痛剤を用意しておけば済むことなのではないだろうか。                                                               それにしてもあの痛さはなんだったのか。悪夢としか言いようがありません。尿管結石の痛さは”痛みの王様”(King of Pain)と呼ばれていて、失神してしまう人もいるとか。女性の出産時の痛みも相当らしいですが、それを経験できない男にとってはそれに匹敵する、あるいはそれ以上の痛さというわけです。(もちろん比較はできませんが)

*写真はPHILIPSのX線CTですが、SIEMENSのもほとんど同じです。
*私の腹部の断層写真。15分ほどの間に100枚ぐらい撮ったと思われますが、プロとはいえよくも4㎜程度の”石”を発見できるものと感心します。背骨の左上の小さな白い粒が結石と説明されたと思います。

家に帰って薬を飲んでからは、尿道よりいつ出て来るかと気を付けていると、夜9時頃寝る前のトイレで、コロッとした個体が尿道を通過するものを感じました。便器の中に流れてしまいましたので、結石そのものは確認できませんでしたが、とうとう体外に出てしまったようです。ようやく長い一日が終わりました。

ところで、もし一日ズレていればO氏は旅行に行っており、SPには居なかったそうです。仮にそうだったとしても、他の誰かが助けてくれたかも知れませんが、海外での一人暮らしでは、何かあった時の備えは考えておかなければならないと改めて思った次第です。

「腎臓結石で地獄の苦しみ-その2」への2件のフィードバック

  1. 新年あけましておめでとうございます。
    自らの体内で「育った石」が降りてくる激痛に耐える体験!お疲れさまでした。他の病気ならば、もっと悩んでいたと思います。きっと直近のゴルフ合宿でいつも以上に汗などをかいたことと適度な運動で「育った石」が移動を開始したのでしょう。私にとって楽しい話題の提供に感謝いたします。
    昨日、東京は4年ぶりに大雪となり10センチの積雪となりました。昨日から今朝にかけて、通勤・通学等の方々が道路で転倒する様子があちこちで見られました。一日の最高気温が5度という超寒ーい一日です。

    1. とんまさん
      まあ確かに病気というより、怪我に近いかもです。とはいえ5-6時間の激痛はほんと辛かった。あれが6mmとかを超えるもっと大きい石だったらもっと痛いのだろうか。
      いやあれ以上はあり得ないな。小さくても大きくても同じくらい痛いのだろうと思う。大きさというより、石の表面がざらざらと尖っていたりして、それが動くときに尿管の表面を傷つけるから痛いのだと思う。
      そうなると基本的には大きい方が痛みは大きいということになるのか??
      ちなみに一度できた人は、50%の確率で5年以内に再発するらしい。ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です