顔認証システム導入

3週間ほど前にO氏から連絡があって、                      「顔認識システムを導入するので、来週月、火、水の朝8時から1Fファンクションルーム(パーティールーム)で登録してください」とのことでしたので、早速初日の8時過ぎに行ってみると鍵がかかったままです。                     知らせてくれたO氏にWhatsAppで、                          「行ってみたけど、誰もいなくて鍵がかかったままでしたけど」と連絡すると、          「もうちょっと待ってみてください。そのうち始まると思います」         まあここはブラジル、日本人的に8時開始を真に受けた私の方が間違っていたかと反省し、9時過ぎに行ってみるとカメラとPCを設置して2人ほどの業者が待ち受けておりました。たぶん私が最初です。顔写真を登録するのはすぐに終わりましたが、              「このシステムはいつから使えるようになるんですか?」と聞くと、       「来週水曜日からです」                            しかし、その水曜日になっても木曜日になっても一向に設置されません。      結局2週間ほど後にようやく設置完了。                     

これまでは人差し指の指紋認識で開錠されていたのですが、歳をとったせいか指紋認識に時間がかかるかかる。悲しいことに指紋が薄くなっている上に、肌に(指先に)みずみずしさが無くなってきているので、認識しずらくなっているのでしょう。時には1分以上も人差し指を当てたまま、”ピッ、ピッ、ピッ・・・”と認識作業中の信号音を聞かされることも珍しくなくて、うんざりしておりました。時には私の顔を覚えている門番が、親切にも内側から鍵を開けてくれることもありましたが、門番もいろんな人がいて、”我関せず”となると指紋認識での開錠は一苦労でした。                                 この新しいシステムはちょうどiPhoneなんかの顔認識システムと同じようなもので実にスムーズです。一瞬で認識してくれます。もちろんマスクは取りますが。         これまで”指紋認識ストレス”がいやで、なるべく外出を控えたほどでしたが、そのストレスからの解放されるのは、ちょっとしたことではありますが、毎日のことですので実に大きいです。                                それにしても人間の顔の違いなどわずかだと思うのですが、まず絶対に間違いを起こしませんね。ネットで仕組みを検索すると、カメラから3万本の赤外線を発光させて、反射してくる赤外線を検知し(すなわち赤外線カメラ。よって夜でも問題ない)、あらかじめ撮影されている顔写真と一致させるという仕組みになっているようですが、よくできていて感心します。

*ゲート脇に新たに設置された顔認識用カメラ。Panasonicとか日本製かなとおもいましたが、そうではないみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です