Rabada-2

レシピは「主婦の友」のコピーだそうです。レシピを置いて行ってくれたLさんは、日系3世のおばちゃんですが、誠にきれいな日本語を話します。お爺ちゃん(1世ということになります)から厳しく教えられたとか。「あたし」なんて決して言いません。必ず「わたくし」です。書くのは不得意のようですが、お手本にしたいくらい、しゃべる日本語は素晴らしいです。                   話はちょっと逸れますが、昔ある日本の船と英国の船が接触してトラブルになりました。日本人船長は、訥々とした英語ながらも教科書通りの英語で主張すべきをしたところ、それを聞いた英国人の船長は、「おい、みんな聞いたか!?俺たちも彼のような英語をしゃべらなければいけないんだぞ!」と言ったそうです。本当の話です。ネイティブが、外国人から本来の正しい英語(日本語)を聞いて悪い気がするはずがありません。それどころか尊敬さえされるはずです。Lさんはそんな日本語を話すのです。スラングなどを交えてネイティブっぽくしゃべる人を上手でかっこいいと思う人も多いでしょうが、ネイティブから見たら軽薄と映るに違いありません。我々はしょせん外国人でネイティブにはまずなれないのですから。

さて、そのレシピもさすがに古そうで、オーブンのことをテンピ(天火)なんて表現しています。まあ、そんなことはどうでもいいのですが、思いがけずあきらめかけていたRabadaに再度挑戦することになりました。  

*主婦の友のレシピ。これによるとこれはイギリス風ということです。

まずは週末のフェーラでOxtailを4つ購入。その重さはちょうどレシピにある重さと同じ600gほどでした。ベーコンと一緒で、28レアル(600円ぐらい)

*左がOxtail、右がベーコン。レシピによると両方使います。たぶんベーコンの方が値段は高いと思います。

この3か月ほどはほぼ自炊していますので、味付けや調理時間などいちいち正確に計らなくても「感」というものが働きます。しかもちゃんとしたレシピがあるんですから、失敗のしようがないかもしれません。結果は大成功で、おいしいものが無いといわれる英国の料理とも思えません。自画自賛ながら絶品でした。

*食べた後に撮った写真ですので、残りは3つ。でもこれから毎日?いくら良くできたと言ってもそれもつらいので冷凍しておこう。

*ご飯にもいいですが、やはりパンの方がいいでしょう。柔らかめのフランスパンをスープに付けて食べると最高です。ただ肉がちょっと食べにくいというのが難点。

「Rabada-2」への2件のフィードバック

  1. コモエスタ・セニョール!

    料理も本格的で美味しそうですね。
    腕が上がっているように思います。

    外国人が話す母国語の件ですが、
    私も3年間ですがインド政府が外国人の為に教えている学校で
    ヒンディー語を学びました。正しいヒンディー語です。
    ですからインド人からはヒンディー語が可笑しいと言われます。
    ニュースを読んでいるみたいだと言うのですが、
    私の方が正しいヒンディー語なのです。

    またインド人にヒンディー語の間違いを指摘し、
    驚かれた事も数回あります。
    ヒンディー語は人口の半分以下の話者しかいません。
    英語が一般的になってしまい益々廃れて行くでしょう。

    1. サント―シーさん
      この部分でコメントいただきうれしいです。
      心のなかでこんな反応を待っていたような気もします。サント―シーさんの話もよくわかります。
      船長さんの話はもう30年も昔に聞いた話なんですが、Lさんの日本語のことを書いててふと思いだしました。
      人口の半分としても6-7億人ですから、絶対数では英語(たぶん10億人ぐらい)に次いで2番目かもです。(中国語もいろいろありますから)
      日本語だって1億2千万もいて、けっこう多い方なんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です